TEL03-3342-5601

営業時間:11:30~14:00(LO.13:20)17:00~22:00(LO.21:00)
※日曜日・祝日はランチ営業なし
定休日:第2・第4・第5水曜日

天ぷら 天兼の歩み

  • HOME
  • 天ぷら 天兼の歩み
天ぷら 天兼の歩み
天ぷら 天兼の歴史

天ぷら 天兼の歴史

明治

明治36年、四ッ谷伊賀町(四谷三丁目付近)で初代石鍋兼吉が天ぷら屋台を創業いたしました。その頃より、海老やキス、穴子などの食材や油も、質の良いものを吟味しており、また腕も良かったので大変繁盛していました。

当時、寿司や天ぷらなどは、屋台で商売をするのが主流でした。また屋台と申しましても現代のそれとは違い、自店を高級と認める店は、屋台の普請にも気を使ったそうです。例にもれず、天ぷら 天兼の屋台も総ヒノキ作りで、立派な構えの屋台でした。

また、その頃は「天ぷら 天兼」という屋号もなく「天ぷらの兼ちゃん」と親しまれていました。

大正

それまで屋台で商売をしていた寿司店・天ぷら店が徐々に店舗を構えるようになります。

そんな風潮の中、ある銀行家のお得意さまより「旦那も、いつまでも屋台なんか引っぱってないで、そろそろ店を構えたらどうだい?資金なら後援するから」と、ありがたい申し出を受け、新宿三越裏に店舗を構えました。

その時、屋号を「天ぷら 天兼」と改めました。

昭和

兼吉は自分の子も職人として育て上げ、家族で順調に商売をしていましたが、第二次世界大戦が起こり、男子は徴兵により兵隊にとられ、女子は店を残し疎開にやられてしまいます。

戦後、運良く無事帰還できた、兼吉の子七郎が、店のあった場所に行ってみると、そこには店など跡形もなく、またその土地の所有権を主張する輩までいました。しかるべき所に訴え出れば裁判で取り戻すこともできたようですが、毎日の食事にもこと欠くような生活のなかではそんな余力はありません。

途方に暮れた七郎でしたが、また何もないところから「天ぷら 天兼」の再建を目指します。幸いにも、戦前に天ぷら屋を営んでいたことを認められ、質の良いゴマ油の配給を受けられたので、先ずは闇市でコロッケを売り始めました。

中身はジャガイモ、衣は麸と質素なものですが、イモを蒸かし、皮は別に細かくして、ゴマ油で揚げ肉の代わりとして混ぜるといった工夫と、胃にもたれない風味の良い、上質なゴマ油で揚げたコロッケは大変良い評判を得ることができました。

そんなある日、戦前からの銀座で宝石商を営むお得意さまより「天ぷら 天兼を再建するのならうちの使ってない土地がある。上物も用意してあげる。無償で貸すから、そこで再建の資金を作りなさい」とまた、ありがたい申し出を受け、その後、資金も貯まり昭和24年に新宿角筈(西新宿1丁目)に店を構えることができました。

それまで天ぷらとは魚介を揚げたものを指し、野菜を使ったものは精進揚げと区別して呼ばれていましたが、徐々に野菜も使い始めました。天つゆの他に、塩を用意しだしたのもこの頃です。

日本の復興とともに「天ぷら 天兼」の再建も軌道にのった昭和30年頃、小田急百貨店の建築計画がはじまります。「天ぷら 天兼」もその敷地内にありました。そこで、それまでの店は取り壊すこととなり、替わりに小田急百貨店の一画に移転することとなりました。

その時にも、あるお得意さまが力を貸してくださいました。都内の有名な神社や料亭、数寄屋造りのお屋敷などを手がける、工務店の社長よりの申し出により、割安で内装を普請していただくことができました。

そうして昭和36年、現在の「天ぷら 天兼」の店舗ができ上がり今に至ります。

店舗案内

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ。
ほぼ毎朝築地市場に行き、厳選に吟味した食材を仕入れております。
築地の場内市場で先代から付き合いがある古い業者からは、海老、キス、穴子など、
江戸前天ぷらの伝統的な食材を仕入れるとともに、市場で目についた食材を研究することで、新たな業者、食材との出会いにも目を配ります。

心を込めておもてなしを続けてきたからこそ、
100年以上もの間、お店を続けることができたのだと思います。
これからも気持ちを込め、新鮮な食材を丁寧にお揚げいたします。
是非、天ぷら 天兼にて至福のひと時をお過ごしください。

ご予約・お問い合わせ

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-5-1小田急ハルク1階
TEL/FAX:03-3342-5601

【営業時間】
11:30~14:00(LO.13:20)
17:00~22:00(LO.21:00)
※日曜日・祝日はランチ営業なし
【定休日】
第2・第4・第5水曜日